国際恋愛

《国際恋愛オーストラリア×日本》遠距離恋愛1年経ちました【コロナ禍で思うこと】


こんにちは、めぐみ( @megumin0425 )です。

現在、オーストラリア人の彼と交際して1年7カ月になります。

そして、今年の3月27日で、遠距離恋愛1年に突入しました!

2020年は、多くの人がコロナパンデミックで翻弄された年だったと思います。

私もコロナの影響で、オーストラリア留学を中断し日本へ帰国、同時に彼と遠距離恋愛がスタートしました。

今回は、このコロナ禍で過ごした1年間の遠距離恋愛を振り返り、コロナ禍で思う事についてお話していきます。

オーストラリア×日本、国際遠距離恋愛


まず、私たちの出会いについて軽くお話していきます。

彼との出会いのきっかけは、言語交換アプリのハロートークでした。

↓詳しくは、コチラの記事をご覧ください。

【国際恋愛】オーストラリア人彼氏との出会いをリアルに語ってみた 「国際恋愛について興味がある。」とか、「実際の国際恋愛の出会いってどんな感じなの?」と思っている方へ 今回は、その気になる国際恋愛のリ...


英語を勉強するため&交友関係を広げるために始めたアプリでしたが、彼と会うのが楽しくなり、5回目のデート?で告白されてからお付き合いを始めました。

付き合ってからは、遊園地に行ったり、ハイキングしたり、彼の家でクリスマスを過ごしたりと、色んな所に行きました。(*オーストラリアの旅行記事にも書いています)

その後、コロナの影響もあり、2020年3月27日にオーストラリア留学を中断し、急遽日本へ帰国しました。

なので、オーストラリアで実際に彼と過ごせた期間は、約7カ月間でした。

遠距離になってからの過ごし方


遠距離になってから私たちの連絡手段は、主にLINE電話です。

連絡頻度は、2人が休みの日に電話しているので、3~4日に1回ペースで2時間くらいです。


遠距離恋愛でも楽しめるように、クリスマスやバレンタイン、誕生日などの日にプレゼントや手紙をお互いに送りあったりもしています。

プレゼントや手紙が届くと、サプライズ感があって楽しめるので、イベントごとが好きな方にはおススメです♩

Valentine’s dayでもらったお菓子たち
私がプレゼントした浴衣試着会(笑)


クリスマスは、サンタコスしてお互いに作ったケーキを食べながら、オンラインクリスマスパーティをしました。

Christmas day

▼おすすめサンタコスはこちら


サンタ コスプレ ワンピース 手袋 帽子 帽 赤 レッド


オンライン映画鑑賞会もおススメ



また、遠距離ならではのオンライン映画鑑賞会もおススメです。


この日は、英語でラピュタを鑑賞しました。

SkypeやLineの画面共有を使えば簡単にできます。

この時はさらに、スマホでライン電話しながら&パソコンでSkypeの画面共有で映画をみていたので、

映画をみている相手の顔もじっくり楽しめました。

むしろ、映画より彼の顔ばかり見ていたかもしれません(笑)

一緒に家で2人で映画を観ているような、のんびりとした時間が過ごせるので、とってもおススメです。

ぜひお試しください♩

>>Amazonプライムで映画鑑賞会

コロナ鍋で思うこと


現在オーストラリアは、 「オーストラリア国民の出国禁止」 という世界の中でも最も厳しい規制をしている国と言われています。

プラスで、オーストラリアに入国できる人も限られているので、

彼が日本に来ることも、私がオーストラリアに行くこともできない状況に至っています。(*2021年4月時点)



実は、今年2021年4月には会えると心のどこかで期待していたので、この先が見えない現実にときどき押しつぶされるような気分になっていました。

でも、不安になった時はお互いにとことん話し合って、とくに彼がいつもポジティブに考えて励ましてくれたので、乗り越えられることができました。


この場を借りて、いつもありがとう!


そしていつ会えるかは分かりませんが、今後も未来に希望を持ちながら遠距離恋愛を楽しみたいと思います。

コロナ禍で合えないカップルや家族は沢山いる


私たちのように、いまコロナ禍で会えていないカップルや家族は沢山います。

下は、オーストラリアに入国できず離れ離れになっている方々の声です。

Safely Reunite Committed Binational Couples & Families より


上の方は、妻さん(フィアンセ)と14カ月会えていない方です。ビザの申請が進まず、奥さんがオーストラリアに入国できないため、アメリカに移住を考えていると話されています。

下の方は、妹さんとそのフィアンセが15カ月間離れ離れになっているとのことです。


そうした方々の声が沢山掲載されているのが、『change.org』というサイトです。

このサイトは、 環境問題など世界中で問題になっていることについて署名を集めて、社会に発信していくことを目的としたもので、

その中に、コロナパンデミックによる入国・出国制限により離れ離れになってしまったカップルや家族を支援するための署名活動が行われています。


私や彼、家族も賛同して、このキャンペーンは、現在15.000人以上の署名が集まっています(2021年4月時点)

無料でサインできて世界的にも有名なサイトなので、安心して参加することができます。

もし、共感して頂ける方がいれば、一緒に賛同して頂ければ嬉しいです。

>>オーストラリアで離れ離れになっている家族やカップルの支援に署名する
Safely Reunite Committed Binational Couples & Families

障害があるからこそ、愛は燃える


「障害があるからこそ、愛は燃える」


現在コロナ禍で、離れ離れになってしまったカップルは沢山いると思いますが、人生が山あり谷ありのように、恋愛でも障害が沢山あります。

だけど、その壁が沢山あればあるほど、お互いに協力し合って助け合っていけるので、2人の絆がより深く強くなるのだと思います。

現実は本当に大変で落ち込むことも沢山あるかもしれませんが、二人の愛が試されていると思って、支えあいながら立ち向かっていきましょう。

多くのカップルがこの困難を乗り越えられることを願って。





>>関連記事
【不安解消】遠距離恋愛中の看護師へ、長続きさせる5つの秘訣
【体験談】看護師を辞めて海外留学した5つの理由【留学後の感想も話します】

ABOUT ME
めぐみ
ナース×ライター×ブロガー。     『もっと看護師生活をイージーにしたい!』を目標に活動中。愛鳥ぴのちゃんとケーキ作りが好き♡ 看護・恋愛・留学情報を発信しています。
看護のお仕事

コメントを残す