めぐみのプロフィール


Hi♡ はじめまして、めぐみです。
現在は27歳の看護師×ライター×ブロガーです。

当ブログを訪問して頂きありがとうございます。ではさっそく、簡単に自己紹介させて頂きます。

✔経歴・過去の流れ
看護大学→看護師として総合病院で心臓外科に勤務→勤務3年目で潰瘍性大腸炎を発症→人生を振り返る→オーストラリア8カ月医療英語留学→日本帰国して副業ライター・ブロガーを始める→現在に至る

とこんな感じです。

以下では、もうちょっと詳しく私について語るために4つに分けて話していきます。

  1. 私の看護師人生
  2. オーストラリア留学
  3. ライター・ブロガーになる
  4. 今後のこと


では、まず私の看護師人生からスタートです♪

私の看護師人生


私は看護大学(4年)卒業後、看護師国家資格をとり看護師として総合病院に勤務しました。主な科は、心臓外科・整形外科・その他混合外科・内科・終末期という色んな科の患者さんがくる病棟で3年間働いていました。

そもそも看護師になった理由は、「母の病気」です。私が小学生の頃、母ががん宣告を受けました。その際に母を看てくれた「素敵な看護師さん」がきっかけです。

その「素敵な看護師さん」に憧れをもったのと同時に、「私が看護師になって医療の知識を持ったら、みんなの異常に気づけるようになる。だからみんなを守るために看護師になろう。」と決めました。(母の手術は無事成功して、今は趣味のランニングで元気に走り回っています)


夢の看護師になってからも必死に勉強しました。そして、病棟ではリーダーやプリセプターとして新人教育も任されるように。でもその忙しい日々で、ついに看護師3年目に潰瘍性大腸炎(難病指定の炎症性の病気)を発症してしまいました。幸いなことに早く見つけることが出来たので重症には至りませんでしたが、自分が病気になるなんて思いもよらなかったので、当時は本当にショックを受けました。

しかし、その時に読んだ沢山の本のおかげで徐々に気持ちは前向きに。病気をして初めて大腸内視鏡検査をやったり、薬を服用し始めて、、、病気になってようやく本当の意味で患者さんの気持ちを理解できる看護師になれたのだと前向きに捉えられるようになりました。

またこれをきっかけに人生を振り返り、「今自分が本当にやりたいこと」を考え、夢だったオーストラリア留学を決めました。

オーストラリア留学


看護師を3年間勤め→8カ月間オーストラリア留学へ。なぜオーストラリアだったのかというと、大学の卒業旅行で行ったのがオーストラリアのケアンズだったからです。その時の穏やかな雰囲気や人の温かさに触れたことが忘れられず「もう一度行きたい!」と思ったのです。

>>詳しくはこちらの記事も参考に
【体験談】看護師を辞めて海外留学した5つの理由【留学後の感想も話します】

オーストラリア留学で学んだことは、“働き方の違い”です。カフェは早ければ16時には閉まるし、24時間やっているお店もあまりありません。クリスマスなどの祝日はもちろんほとんどのお店は閉まっていて、人々は家族や恋人・友人との時間を大切にしていました。

日本は2016年に安倍首相が「働き方改革」を提言して少しずつ働き方の認識が変わってきましたが、まだまだその道のりは長いです。そこで、オーストラリア留学からワークライフバランスの大切さを学び、今の「頑張らないをモットーにゆるりと生きる」ことを人生のスローガンにしました。

ライター・ブロガーになる


元々書くことが好きででした。(というのもあまり話すのが得意な方ではないので)そして、オーストラリア留学に行く前に趣味で始めた雑記ブログで、文章を書く楽しさに気づき→ナースブロガーとして今も続けています。

ライターとしては、オーストラリア留学後から「ゆるりと生きる」ための副業として始めました。ちなみに、私がライターとして利用しているのはクラウドワークスというサイトで、>>【保存版】初心者でも簡単!クラウドワークスの始め方【仕事探しのコツも紹介】 

現在Youtubeなど動画サイトが人気なので、活字は古いと思われるかもしれませんが、私は活字の素晴らしさは続くと信じています。自分の中で思い描いたストーリーを文章におこし、そして読み手それぞれの頭の中にそのイメージを届ける。この活字独特の素晴らしさをライター・ブロガーとして伝えていけたら良いなと思っています。


今後のこと


さいごに、今後はこのブログを通してを“沢山の人”と繋がりたいと思っています。

また、

  • ワークライフバランスを充実させたい
  • 人生ゆるりと自由に生きたい

と思っている方へ、私の体験や知識が少しでもお役立ちできればと思います。


では、今後もどうか温かく見守って下さると嬉しいです♪

皆さんが素敵な日々を送れることを願って。


めぐみ♡