【リーゼ泡カラー使用】自宅で簡単ヘアカラー

今回は市販のヘアカラー剤の中でも@コスメ1位の「リーゼ 泡カラー」で染めてみました。
お色は「ダークローズ」。何とまぁ、名前から可愛い(笑)
このお色は店頭にあまりおいていないのでAmazonから購入しました。この時は安くなっていたため¥511で購入できました♪

リーゼ泡カラーの公式ホームページより。「ダークローズ」


さっそく染めてみる

以下の手順で早速染めてみました♪

  1. 汚れても良い服装へ着替える
  2. 新聞紙、ブラシ、汚れても良いバスタオルを準備
  3. 髪をブラシでとかし、バスタオルを肩からかける(前で結ぶ)
  4. 新聞紙の上に「泡カラー」を準備し、薬液を混ぜる
  5. 説明書通りに5回上下に傾け、キャップを付け替える
  6. 20分で泡を髪の毛につけていく(特に染めたいところからつける)
  7. 最後に頭の上に髪の毛をもみこんで固めて、20~30分放置する
  8. シャワーで流してから、シャンプー・トリートメントをする
  9. ドライヤーで乾かして終了♡

    大体ここまでで1時間半くらいかかりました!

ビフォーアフター

before

染める前の髪色。画質悪くてすみません>< 

after

染めた後。

画像では分かりづらいですけど、光にあてるとキレイな赤みが♡ でも思ったよりもすごく落ち着いた色です。まぁ元々黄色くなりやすく、美容室でも赤みを少しいれて暗めに染めていたので、これはこれでとても満足♡

きっと色落ちしてきて丁度良くなるかも♪

感想

看護師時代は金銭的に余裕があったので、気にせずカラーも美容室でやってたのですが、留学前ということもありお金をセーブするために今回は市販のカラー剤で染めてみました。

感想としてはとっても満足!仕上がりもサラサラで美容室で染めているのとあまり変わらないし!価格的にも美容室では2500~5000円くらいかかるところをこれは500円程度でできちゃうので。とってもお得です!!


さいごに

本当に日本のヘアカラー剤は進化しましたね~(感心!)今後もカラーは市販を使っていこうと思います♪
でも 海外のヘアカラー剤は強めにできているとも聞くので、オーストラリアはどうなのか気になりますね。。。 一応同じ物を買ってオーストラリアへ持っていこうと思います。日本のカラー剤は倍以上するそうなので。

もしオーストラリアで現地の市販のヘアカラー剤を使用したときは、またアップしていこうと思います♪




これからも「節約するけど、オシャレには手を抜かない」をモットーに女子力磨き頑張っていきます☆(笑)



では、have a wonderful day♡